中京大学  スポーツ科学部

Professors

教員紹介

Murase Naoki

競技スポーツ科学科

村瀬 直樹 助教

最終学歴・学位
中京大学大学院体育学研究科修了・博士(体育学)
専攻分野
剣道、スポーツバイオメカニクス
担当科目
スポーツ実技C剣道、体育実技指導法(剣道)
学外活動
東海学生剣道連盟理事、東海私立大学学生剣道連盟理事、愛知県学校剣道連盟会長指名理事
部活動
剣道部・男女監督

研究・ゼミについて

主にスポーツバイオメカニクスの分析手法を用いて剣道の打撃動作に関する研究を行っています。中でも、正面打撃動作の「はやさ」に焦点をあて、研究に取り組んでいます。
剣道において、構えている状態から打突の意思決定、動作開始、打撃完了までの時間を短くし、相手の防御動作時間より短くさせることが有効打突につながり、重要と言われています。格技スポーツにおける動作の「はやさ」は、大きな速度を持った動作、あるいは、動作時間の短さのように、数値として表すことが可能な客観的な「はやさ」と、相手に素早いと感じさせる動作のような数値として表すことができない感覚的な部分である主観的な「はやさ」に大別することができると考えられます。素早いと感じさせる動作は、防御者からみて打撃動作が察知しづらいこととして捉えることができ、この部分を明らかにすることは、剣道の競技力向上には必要不可欠であると考えられます。しかしながら、これまで剣道において、これらの客観的、あるいは主観的な「はやさ」に関する研究が不足していました。そのため、これらの「はやさ」に関わる要因を明らかにすることを目的として、研究を進めています。

学外活動について

日本体育学会
日本バイオメカニクス学会
日本武道学会
日本スポーツパフォーマンス学会
日本ストレングス&コンディショニング協会(NSCAジャパン)
東海学生剣道連盟理事
東海私立大学学生剣道連盟理事
愛知県学校剣道連盟理事

在学生へメッセージ

中京大学の建学の精神は「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」です。「勉強だけ」あるいは「スポーツだけ」を頑張るのではなく、文武両道を目指して、充実した学生生活を送るようにしてください。