中京大学  スポーツ科学部

Department

学科紹介

HEALTH
SCIENCE
スポーツ健康科学科

地域や企業で
人々の心身を支える
健康指導者を目指す

科学的根拠に基づいて学び、子どもから高齢者まで全世代の健康を「つくる」人材を育成します。「健康づくりスポーツモデル」では、生涯スポーツに関する理論と実践を学び、 「子どもスポーツモデル」では、子どもの体力向上やスポーツ機会の充実について研究していきます。

健康づくりスポーツモデル

健康づくりのための生涯スポーツに関する理論と実践を学ぶためのモデルです。このモデルではスポーツ科学の基礎となる専門知識を修得した後、健康づくりを促進するための理論と実践について学んでいきます。これにより、青壮年や高齢者を対象にした地域や職域での保健事業の企画・運営・実施能力を身につけることができます。卒業後には地方自治体や民間企業において、保健指導の運動専門スタッフ等として、住民や従業員の生活習慣の見直しをサポートしていくことが期待されます。

主な開講科目

  • 健康運動実践学
  • スポーツ健康行動論
  • 健康と生活習慣病
  • スポーツ医学
  • レジャー・レクリエーション論
  • 労働生理学 など

子どもスポーツモデル

子どもの体力向上やスポーツ機会の充実に関する理論と実践を学ぶためのモデルです。スポーツ科学の基礎となる専門知識を修得した後、子どもの体力向上の方策や子どもを取り巻く社会のスポーツ環境を充実するための理論と実践について学ぶことで、子どものスポーツ実践を促進するための事業の企画・運営・実施能力を身につけます。卒業後は地域において、総合型地域スポーツクラブ等の運動指導者として、子どもの運動スキルの健全な発育発達を促し、体力の向上をサポートしていくことが期待されます。

提携校の通信課程を履修することで卒業時に小学校教諭二種免許状(提携校:玉川大学通信教育課程)を取得できます(各種条件等あり、別途費用必要)。

主な開講科目

  • 子どもスポーツ学
  • 子どもスポーツ指導法
  • 子どもスポーツ体験
  • 学校保健
  • スポーツ救急処置
  • 発育老化論 など

授業PickUp

3
年次

運動生理学演習

運動またはトレーニングの過程で、身体が生理的にどのような反応または適応をしているかについて、種々の実験や測定を通じて幅広く学びます。実際に自分や友人の体力や身体諸機能の反応を測定することにより、正しい測定方法や測定の意義について知識を深めます。これらを通して、健康の維持や増進を目的とした運動やスポーツを指導するために、重要かつ実践的である知識を学びます。

2
年次

子どもスポーツ指導法

運動・スポーツ活動や体力に関して、現代の子ども達が抱える問題を正しく理解した上で、実際に子ども達に指導をおこなう際に留意すべき事柄を心身両面から学びます。幼少期の子ども達には幅広い運動経験が求められ、広い関心、意欲の育成に運動・スポーツ指導を活かします。加えて、近年、増加している運動嫌いや支援が必要な子どもに対する配慮に関しても取り上げ、あらゆる実践現場で応用可能な知識を修得します。

小学校教諭免許状取得プログラム

提携校の通信課程を履修することで、卒業時に小学校教諭二種免許状を取得できます。中学校および高等学校教職課程を履修するスポーツ健康科・スポーツ教育学科生が対象となります。

資格

取得できる資格

  • 健康運動指導士(受験資格取得可)
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 第一種衛生管理者
  • レクリエーション・インストラクター
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 健康運動実践指導者(受験資格取得可)
  • (公財)日本スポーツ協会公認スポーツ指導者 共通科目(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)(受験資格取得可)
  • (公財)日本スポーツ協会公認[コーチングアシスタント](受験資格取得可)
  • 司書教諭(文学部開講)
  • 司書(文学部開講)
  • 社会教育主事(任用資格/現代社会学部開講)※1
  • 学芸員(文・現代社会学部開講)

提携校の通信課程を履修することで卒業時に特別支援学校教諭一種免許状(提携校:明星大学通信教育部)を取得できます(各種条件等あり、別途費用必要)。

提携校の通信課程を履修することで卒業時に小学校教諭二種免許状(提携校:玉川大学通信教育課程)を取得できます(各種条件等あり、別途費用必要)。なお、特別支援学校教諭一種免許状と同時に取得することはできません。

※1 本課程の修了者は、「社会教育士(養成課程)」と称することができます。

挑戦する×大学