• HOME
  • » 学部紹介

学部紹介

スポーツの世界的な拠点、そして発信へ

学部長挨拶

スポーツ科学部学部長 髙橋 繁浩 教授

2011年、中京大学体育学部はスポーツ科学部と名称を変更し、現代社会におけるスポーツへの期待とニーズに応えるため、3つの学科をスタートさせました。スポーツ教育学科では、保健体育科教員や小学校教員を目指して実践的な指導方法を学び、また、競技スポーツ科学科では、競技者自らのパフォーマンス向上、コーチング、スポーツ関連ビジネスに必要な専門知識を身につけます。そして、スポーツ健康科学科では、トレーナーや健康づくりを目的とするスポーツ指導者を目指し、健康維持や体力増進のためのサポート法を学びます。さらに、1年から2年次にかけて、スポーツ大国アメリカでトレーニングやスポーツビジネスの現場を体験できる海外研修を希望者に実施しています。このように、スポーツに必要な知識、理論、技術を体系的に学ぶことで、国内外から求められるスポーツパーソンの育成を目指します。
2020年東京オリンピック・パラリンピックが、そして2026年にはここ愛知でアジア競技大会が開催されることになり、スポーツへの関心は益々高まっています。本学部でも2018年春には新体育館が完成し、筋力トレーニング施設もさらに充実します。恵まれたスポーツ施設で、日本を代表するトップアスリートら多くの学生が元気に汗を流しています。毎年7月と9月にオープンキャンパスを開催しますので、是非ご来校下さい。躍動感あふれる光景が見られるはずです。



学部特徴

近年スポーツを核とする市場はますます拡大し、国民のスポーツに対する期待やニーズも多様化・複雑化しています。これに応え、スポーツの新たな可能性を追究するためには、「人文科学」「社会科学」「自然科学」のアカデミックな視点から、総合的かつ専門的に研究をする必要があります。そこで中京大学では、半世紀に及ぶスポーツ科学分野における多様な研究の蓄積をもとに、2011年4月、「スポーツ科学部」を開設。スポーツアカデミズムの世界的な総合研究拠点 としてスタートします。

学部特徴

中京大学スポーツ科学部では、「スポーツ健康科学科」「競技スポーツ科学科」「スポーツ教育学科」の3学科を設置。各学科には、個々の学生が目指す将来像に対応した履修モデルを設定し、必要な知識や理論、技術を体系的に学ぶことができるカリキュラムを構築します。確かな知識と理論に裏打ちされた科学的な素養(スポーツサイエンス)とともに、高い自己管理能力や社会適応能力(スポーツパーソンシップ)を併せ持ち、スポーツパーソンとしての優れた特質を社会に活かすことのできる人材の育成をめざします。

学部特徴


gakubu_pic05

中京大学スポーツ科学部では、「スポーツ健康科学科」「競技スポーツ科学科」「スポーツ教育学科」の3学科を設置。各学科には、個々の学生が目指す将来像に対応した履修モデルを設定し、必要な知識や理論、技術を体系的に学ぶことができるカリキュラムを構築します。確かな知識と理論に裏打ちされた科学的な素養(スポーツサイエンス)とともに、高い自己管理能力や社会適応能力(スポーツパーソンシップ)を併せ持ち、スポーツパーソンとしての優れた特質を社会に活かすことのできる人材の育成をめざします。

豊田キャンパスは、文部科学省からナショナルトレーニングセンターとしての認定を受けたフィギュアスケート場や、日本水泳連盟公認の50M屋外温水プールなど、広大な敷地に多彩かつ最先端の施設が並んでいます。また、サーキットトレーニングガーデンやフィットネスセンターなどのトレーニング施設も充実。人工芝を敷き詰めたラグビー場、野球場、サッカー場も完備。全天候型の陸上競技場では、競技会の会場と同様の環境で毎日練習することができます。また併設する情報理工学部では、画像解析によるトレーニング手法の科学的なアプローチなどの共同研究が行われています。

施設紹介のページへ

title_gakubu_03

gakubu_pic03

体育学部創立50周年の記念イベントが2011年10月29日、豊田キャンパスで行われ、全国から集まった体育学部の卒業生や元教員ら300人が、トークショーや懇談会に参加しました。
トークショーは、五輪に2度出場した水泳の高橋繁浩・スポーツ科学部教授、ハンマー投げ金メダリストの室伏広治・同准教授、フィギュアスケート世界選手権銀メダリストの小塚崇彦さん(体育学修士1)の3人が、記録・成果が出せる時の微妙な感覚やトレーニング方法、周りに支えられてきたことへの感謝の気持ちなど、ユーモアを交えながら話し、会場を盛り上げました。


 

gakubu_pic04

懇談会では、小川英次理事長、北川薫学長、梅村義久スポーツ科学部長、梅村清英理事が、「体育学部によるスポーツ界への貢献は大きい」「卒業生の皆さんが全国で活躍し、本学を支えてくれています」「50年の伝統を引き継ぎ、スポーツ科学部を発展させていきたい」など、お礼と決意を述べました。
記念イベントは、大学祭、ホームカミングデー、キャンパス見学会と同日に開催され、多くの卒業生が豊田キャンパスを訪れました。賑やかなキャンパスで、大学祭も楽しみ、また、新しくなった教育施設やスポーツ施設なども見学していました。