中京大学  スポーツ科学部

Professors

教員紹介

Miyata Hiroyuki

スポーツ健康科学科

宮田 洋之 任期制講師

最終学歴・学位
順天堂大学大学院・修士(スポーツ健康科学)
専攻分野
幼児体育、レクリエーション、発育発達学
担当科目
レクリエーション基礎実習、レクリエーション指導法、レジャー・レクリエーション論、野外活動論、野外活動実習(キャンプ、スキー)
学外活動
社会福祉法人七色の翼評議員、順天堂大学協力研究員、愛知県スポーツ協会愛知県推進プロジェクト委員

研究・ゼミについて

研究活動は、体力、生活習慣、運動遊びをキーワードとして、特に幼児期の子どもを対象に活動しております。最近は、急激に変化する社会環境に対応しつつ、子どもたちの体力および身体活動量を担保するため「ユニバーサル運動支援策」の開発に取り組んでおります。その第一歩として、ICTを用いた遠隔運動指導を開始致しました。今後も実践と検証を繰り返しながら、多様な環境で生活する子ども達のすべてに多様な動きの獲得できる「身体活動環境の構築」を目指して活動してまいります。研究以外の活動について、幼稚園体育教諭として勤務していた頃から、子どもが楽しいことは何か、笑顔になることは何かを追求してまいりました。ゼミは開講していませんが、レクリエーションや運動を通して、子どもの笑顔をつくることに興味のある学生がいましたら、ぜひ一緒に活動していきましょう。

学外活動について

2020年度まで関東在住だったこともあり、関東近郊の市区町村を中心とした「子どもの体力向上」関連の行政連携事業に関わらせていただいております。具体的には、子どもを対象とした直接運動指導の他に、保育者および教育者を対象とした運動に関する研修会講師等の活動をさせていただいております。私自身は現場主義を掲げて活動しておりますが、教育現場の先生方と情報を共有しつつ、エビデンスに基づく教育の実践を目指して活動してまいります。また少しずつ活動の幅を広げ、東海地方の子どもたちと触れ合っていきたいと考えております。

在学生へメッセージ

どの道を選ぶかでなく、選んだ道をどう生きるか。つまり中京大学で何をするのかが大切だと思います。色々なことに挑戦していきましょう!