国家公務員一般職 神 高希さん

明確な目標を持ち、自ら考え、主体的に取り組むことで可能性は広がる。

神 高希さん

目標を定めて努力するのはもちろん、様々な方向から可能性を探ることが重要。

小学生の頃から身体を動かすことが大好きで、帰宅するとすぐに外に出掛けて友人とスポーツをして遊んだことをよく覚えています。身体を動かしていると友人も増え、いつしかスポーツをするということは楽しいことだと感じるようになりました。ただし、私がスポーツを競技と捉えて本格的に取り組むようになったのは中学生になってからでした。中学生になると陸上競技部に所属し、100m走で良い記録を出せるよう打ち込むことにしました。高校に入学してからも競技は継続。大学進学後も100m走一本で競技を続けてきました。しかし、中学生、高校生の頃とは違い、ただ単に練習を繰り返すだけでは記録を向上させることはできませんでした。そこで練習に対する意識を見つめ直して日々努力することにしました。中学、高校時代は決められたメニューをこなすという気持ちがあったのですが、大学では練習メニューを自分で考えることができます。「このようなメニューを取り入れたらどうだろう」と試行錯誤した結果、目標としていた10秒台を記録することができました。スポーツは闇雲に練習するだけでは技術が向上しません。むしろ、身体に負担を掛けることにもなります。私はスポーツを通じ、なにも考えずに努力するのではなく、意味のある努力をすることの重要性を身をもって理解することができました。

先輩の活躍と充実した就職支援体制がきっかけとなり、国家公務員を目指すことに。

高校1年生の頃からスポーツの学部がある大学に進学したいと考えていましたが、3年生になってもその気持ちは変わりませんでした。ただ、どの大学に進学すれば良いのかは随分悩みました。そんな時、部活動の顧問の先生が「スポーツに関する施設が充実している」ということで中京大学を薦めてくださいました。どの部活動も全国大会で活躍するなど、スポーツのレベルが高いこの大学なら思う存分陸上競技に打ち込むことができる。そう考えた私は中京大学を志望しました。入学後は陸上競技に没頭する一方、「将来は高校教諭になり、自らも楽しんだ高校生活の手助けをしたい」と将来の夢を定めましたが、たまたま公務員講座に参加したところ、「国家公務員になった先輩もいる」と聞きました。それまでは自分には縁のない話と思っていた国家公務員が急に身近な存在になり、中京大学は筆記試験から面接試験までの全てを手厚くサポートしてくれる就職支援体制が整っているとも聞いていたので、私も国家公務員に挑戦してみようと決意しました。

スポーツや就職面のサポートはもちろん、日々の生活を支えてくれる体制にも感謝。

国家公務員になるためには筆記試験が重要になってきます。もちろん就職活動で必ず行われる面接も大事ですが、それ以上に筆記試験のウエイトが非常に大きいのです。そこで私は1週間のうち5日間講座を受けて必死で勉強しました。もちろんそれ以外にも自主的に勉強しました。その際、心強い味方になってくれたのは友人の存在です。友人と競い合って勉強し、情報を共有し合い、時にはなんでもない話をして気分転換をしました。友人の存在がなければ公務員試験の困難を乗り越えることはできなかったと思います。もちろん、面接指導や論文対策をしてくださった大学の支援体制にも感謝しています。中京大学にはスポーツや就職面のサポート体制が整っているのに加え、日々の学生生活を支えてくれる施設や設備もあります。100m走で10秒台という記録や国家公務員試験合格といった目標を達成できたのは自分自身の努力もありますが、一人暮らしの私が最大限の努力ができたのは充実した毎日をバックアップしてくれる体制があったからです。もう一度高校生に戻ったとしても私はまた中京大学を志望します。

神 高希さん
陸上競技の公式試合にも使うことができる設備が整った全天候型の陸上競技場。
「学生生活の中でもっとも長い時間を過ごしたここが一番心に残っている場所」と神さん。

2018年12月取材

メッセ―ジTOPへ