• HOME
  • » スポーツ健康科学科

競技スポーツ科学科

スポーツの可能性を追求し、健康社会の実現の貢献を目指す

スポーツ健康科学科  概要

健康への関心の高まりとともに、スポーツに対する期待やニーズは大きく膨らんでいます。しかし、その実践の場では必ずしも、スポーツが心や身体に与える影響やリスク等について正しく理解されているとは言えません。スポーツ健康科学科は、こうしたスポーツと健康との関係について、医学、心理学、社会学など科学的な視点から幅広く研究していきます。そして、生涯スポーツや障害者スポーツなどの中でも、とくに健康づくりを目的とするスポーツの指導者をはじめ、健康をテーマとする商品やサービスの開発者、企業や公共機関の衛生管理者など多様な分野で、健康社会の実現に貢献する人材の育成を目指しています。健康を実現する方法は一つではありません。


個人や集団の特性によってアプローチの仕方も異なります。そのため、ここでは、幅広い健康科学の基礎を横断的に学び、広範な知識と科学的素養を身につけます。その上で学生は、自らの関心や目指す将来像に応じ、公衆衛生学やリハビリテーション、スポーツ医学といった専門科目を選択しながら、段階的に専門性を獲得。同時に、充実した実技科目の履修により、それぞれのスポーツの効果を自らの身体を使って理解し、知識を実践に活かす方法を身につけていきます。

  • spoken_pic01
  • spoken_pic02
  • spoken_pic03

将来に必要な学びを体型化した2つの履修モデル

健康科学モデル|スポーツトレーナーモデル

アスレティックトレーナーとは…

スポーツ選手のケガの予防や応急処置、障害評価、リハビリテーション、トレーニング管理などにあたる専門家のことをいいます。現在においては、スポーツの現場に限らず、高齢者福祉施設などの職域にも活躍の舞台が広がっています。

スポーツトレーナーモデル履修者とは…

(財)日本体育協会公認アスレティックトレーナーの受験資格取得が可能になります(予定)。また、将来には米国NATA(National Athletic Trainers Association)などの資格取得を目指すこともできます。

トレーナー事例研修(海外スポーツトレーナー研修)

spoken_pic04

1年次の秋学期に、希望者は実費でスポーツ大国アメリカに渡り、現地で活躍するトップレベルのスポーツトレーナーから先端的トレーニング理論に関して直接指導を受ける研修を実施します。メジャーリーグやアメリカンフットボールなど各種プロスポーツの有名選手が訪れるトレーニング施設の訪問では、最新の理論と最高の設備、業界屈指の指導陣が一体となったトレーニング環境を実際に体験ができます。また、リハビリセンターでの実践や、トップトレーナーによる講義などを通じ、プロのトレーナーとしての将来キャリアをイメージできるようにします。その他、現地のプロスポーツチームやエージェント、スポーツ用品メーカーなど多彩な団体・施設を訪問予定。それぞれの現場での講義や演習、スタッフとの交流などを通じ、スポーツビジネスに関しても幅広い知識を得る事が可能です。